とりあえずやってみるか。

気が向いたときに書きたいことを書いてみる

多摩川サイクリングロード サードトライ ~ たまリバー50キロ走破! ~

鶴見川走破から中2日という強行軍、こういうのは勢いが肝心と思い、9/23 行ってきました、たまリバー50キロ

朝9時に家を出発し、六郷橋に向かい、そこからひたすら多摩川を上がります。

今回は家から43Km、多摩川河口から38Kmぐらいのところまで2時間10分ほど一気に進みました。

一気に進むことの問題は、、写真が撮れない事。

しかしですね、多摩川沿いって休憩できそうな場所が少ないのですよ。

休憩できそうな場所には既に人がいます。

 

とりあえず小休止した場所で一枚。

f:id:Fire-star:20210924210453j:plain

奥に見える青い建物は、Y's Road 府中多摩川店さん。

 

そしてまたひたすら走る走る(笑)

 

もうあと2Km程度で走破というところまで一気に走り、空腹を感じたのであたりを徘徊したのですが、食事できそうな場所が見つかりません。。

仕方なく、見かけたコンビニでサンドイッチ、フルーツサンドとプロテインゼリーを購入((笑))

河原に戻り、食事です。

f:id:Fire-star:20210924223006j:plain

 

羽村市多摩川沿いは緑の良い匂いがします。

f:id:Fire-star:20210924223239j:plain

昼食がコンビニのサンドイッチになってしまった事に残念感を感じていましたが、これはこれで、サイクリングの醍醐味のように感じました。

 

そして、いざ完走!

f:id:Fire-star:20210924223446j:plain

 

玉川兄弟とも対面!

f:id:Fire-star:20210924223806j:plain

 

鶴見川源流とは、スケールが違います(笑)

f:id:Fire-star:20210924224035j:plain


ここまで家から60Km走っているようです。

そういえば以前、自転車の3か月点検で購入店のCOGGEYさんに行き、「100Km走った」と言ったら、「え?この自転車でですか?」とちょっと宇宙人を見るような眼をされたので、今回の走破は、相当〇〇な人な可能性はありますね。

 

なんやかんやで既に昼の2時。さて帰ります。

帰りは何度か休憩はしたものの、写真を撮るような場所では休まなかったため、残念ながら川崎まで戻ってきて立ち寄った「ラーメン川崎家」にて。

f:id:Fire-star:20210924225858j:plain

お店を出るころには暗くなっておりました。

 

さて、今回の走行距離は、119.5Km ! 乗ったねぇ。

f:id:Fire-star:20210924230612p:plain

 

ただ行って帰るログ(笑)

f:id:Fire-star:20210924230629p:plain

8月の走行距離は少なかったですが、今月は3回の乗車で231Km、なかなかですね。

疲れはしましたが、今までよりも慣れた気はします。

(相変わらず帰りはゆっくりでしたけどね。)

この調子で体力作りが継続できたら良いな。

 

さて、次はどうしましょう?

今回も左岸を走ったので、今度は右岸に再チャレンジ?

のんびりポタリング程度に写真撮影を楽しみながらにすべきかな?

おいおい考えていきます。

鶴見川を走ってみる④ ~ いざ源流の泉へ ~

秋ですね。

サイクリングには非常に良い気候になってきました。

ここのところ天候に恵まれず、なかなか機会が訪れませんでしたが、9/20 晴れのち曇り。チャンス到来です。

今度こそ、鶴見川走破です!

ペダルも変えたし、ハンドルバーとグリップも交換したし、もう言い訳はできません(笑)

 

いつもの休日は起きるのが遅い私ですが、早起きして8:30頃出発。鶴見川を上流に向けて走ります。

少々風が強い期間があり、ところどころで減速しましたが、まぁまぁ順調に進みます。

 

上流に向け、24Kmほどのところまで一気に進み、一旦休憩。

f:id:Fire-star:20210921212416j:plain

さすがに数回目ともなると、心に余裕がありますね。

途中、コーヒー加工工場のローストする良い匂いやら、駄菓子屋さんやら、今まで全く気にしていなかったものを感じられます。

 

このあたりから、自転車で走るにはちょっと厳しい道になってきます。

ところどころ、獣道のような狭さだったり、砂利道だったり、橋にかかるたびに停車する必要があったり。

ちょっとサイクリングロードというにはどうなのでしょう?

下流域に比べると、体力の消耗は激しいです。

 

前回は上流35Km地点あたりで引き返しましたので、その先は私にとって未知の領域だったのですが、上流は本当に走り辛かったです。

そして、上流38Kmぐらいでしょうか、、道がなくなりました。。

 

迷いながら川を探して右往左往している矢先、不運にもチェーンが外れるアクシデント。んー。。

気を取り直してチェーンをはめ込み、Google Mapを起動です(笑)

源流の泉は、ここから4.4Kmの地点にあるらしい。

川は、、もうわからん(苦笑)

 

走る事2時間半、ついに到着しました。(Google Map頼みだけど。)

夢にまで見た鶴見川源流の泉です!

f:id:Fire-star:20210921213738j:plain

 

到着するなり、年配の男性(推定80歳ぐらい)に声をかけられました。

なんとこの男性、新横浜から電動アシスト機能付きの自転車で鶴見川サイクリングロードを上ってきたそうです。すごい!

彼曰く、「予備のバッテリーも持ってきた」との事。

総入れ歯で話しづらそうに、でも嬉しそうに語ります。

いや、ホント、凄いですよ。尊敬します。

 

f:id:Fire-star:20210921214445j:plain

なお、泉の記念写真を撮っていると、今度は、泉を掃除していた年配の女性(推定年齢90歳ぐらい)から「何しに来た!(怒)、朝から何十人も!(怒)」と何故か一喝(苦笑)

名物おばあちゃんなのかな?

 

泉のスケールは非常に小さく、休憩できるような茶屋などもなく・・・。

おばあちゃんの怒声もあいまって、、まぁ、なんていうか、、

思ってたのと違う!(笑)

まぁ元々、自転車に乗る事が目的なので、早々に退散です。

 

ちなみに先述の年配の男性、「帰るわー」と言い残して私より先に出発したのですが、帰途で出会う事はありませんでした。

何者!!?(笑)

 

帰りはのんびり休憩しながら。

f:id:Fire-star:20210921215216j:plain

 

帰途に昼食。

魁力屋 市ヶ尾店さんでラーメン(のりトッピング)と小ライスをいただきました。

f:id:Fire-star:20210921215607j:plain

 

毎度の事ですが、後半バテました。

向かい風のせいもありますが、時速15Km/hぐらいのスピードでのろのろ。体力ないなぁ。

まぁ、地道に体力作りします。

 

昨日の走行距離は84.5Km。

f:id:Fire-star:20210921220157p:plain

 

次は、多摩川走破を目指します!

ハンドルバーとグリップの交換 ③ ~ グリップ交換は負傷に注意(苦笑) ~

↓の日記からの続きです。

fire-star.hatenablog.com

 

ハンドルバー、グリップ及び交換に必要なアイテムが一通り揃いましたので、早速交換作業を行いました。

YouTubeやら他の方のネット記事やらを参考にさせていただきながら、作業手順を確認します。

手順としては、以下になります。

  1. ブレーキレバーやシフトレバーを緩め、中央に寄せる
  2. グリップを外す
  3. ステムからハンドルバーを外す
  4. ブレーキレバーやシフトレバーをハンドルバーから外す
  5. 新しいハンドルバーにブレーキレバーやシフトレバーを通す
  6. 新しいハンドルバーにフィニッシュラインファイバーグリップを塗布
  7. ステムに新しいハンドルバーを取り付ける
  8. 新しいグリップを付ける
  9. ブレーキレバーやシフトレバーを固定

上記の1~2は、↓こちらの動画を参考にさせていただきました。

www.youtube.com

 

前の日記でパーツクリーナーを購入した理由は、こういう事です。

元々パーツクリーナーは持っていましたが、泡タイプだったもので。

 

手順に従い、ハンドルバーとグリップの間に竹串を入れ、パーツクリーナーを噴射。

おりゃー!とグリップを外そうとするも、全然外れません。。

真夏日にやる事じゃなかったか?

とにかく固い!

そうこうしているうちに、手にヒリヒリする痛みが・・・。

あぁ、、豪快に手の皮が剥けておる・・・。

f:id:Fire-star:20210829175341j:plain

両手の皮がベロベロです。

皆様、無理にグリグリ回して外すとこうなりますので、本当、お気を付けください。

 

軍手をして再チャレンジ。

悪戦苦闘する事数十分、なんとか外れました。

f:id:Fire-star:20210829175541j:plain

 

次に、ステムからハンドルバーを外します。

f:id:Fire-star:20210829180116j:plain

 

ブレーキレバーとシフトレバーをハンドルバーから抜き、新しいハンドルバーとの差分を撮影。

f:id:Fire-star:20210829180240j:plain

並べてみると、全然長さが違う!

上がカーボン製の新しいハンドルバー(500mm)、下が純正のアルミのもの(560mm)です。

 

新しいハンドルにブレーキレバーとシフトレバーを通します。

f:id:Fire-star:20210829180516j:plain

こちらもYouTubeで確認した手順なのですが、ハンドルバーを固定した後だとブレーキレバーやシフトレバーのワイヤーの長さが足りず、ハンドルに通せない可能性があるので要注意です。

 

ファイバーグリップをたっぷり塗って、

f:id:Fire-star:20210829180855j:plain

 

ハンドルバーをステムに固定。

f:id:Fire-star:20210829180927j:plain

お、なんかイイ感じ!

 

新しいグリップ、ブレーキレバー、シフトレバー、その他もろもろを固定し、じゃーん!

f:id:Fire-star:20210829181203j:plain

6cmも短くなったので、なんだか窮屈です。

特に困ったのが前の日記で交換報告したベル、取りつかなくなってしまいました。

f:id:Fire-star:20210829181902j:plain

仕方がないので、純正品のベルに戻しました。

 

さて、やっと完成。

f:id:Fire-star:20210829182027j:plain

 

乗り心地ですが、手を負傷しているため、細かいレポートは治ってからにさせていただきますが、ただの筒状だった純正のものに比べ、明らかに体重がかけられるようになったと思われます。

早く手を治して、長距離走ってみたいです。

 

さてさて、それでは、外したものの重量を測ってみましょう!

まずはハンドルバー。

f:id:Fire-star:20210829182514j:plain

交換後のカーボン製ハンドルバーは110gでした。

 220gという事は、ハンドルバーだけで110gの軽量化に成功です!

 

次にグリップ。

f:id:Fire-star:20210829182554j:plain

交換後の牛角グリップは286gでした。

104gという事は、なんと182gの重量化に成功です!!(汗)

 

ついでに、純正品に戻す羽目になったベル。

↓こちらが搭載していたベル

f:id:Fire-star:20210829183104j:plain

 

↓戻した純正品のベル

f:id:Fire-star:20210829183141j:plain

5g重くなっています・・・。

 

結果、

ハンドルバー -110g

グリップ +182g

ベル +5g

トータル77g重くなりました!(汗)

 

前回のペダル交換に引き続き、軽量化は失敗です(苦笑)

 

これはもう、、シートポストを軽量化して、サドルを重量化してしまうという失敗をする布石ではないでしょうか(笑)

 

 

おまけ

購入したトルクレンチですが、結局全く使用しませんでした。

普通にアーレンキーで締めました。

 

手が治ったら、長距離走行レビューを行いたいと思います。

ハンドルバーとグリップの交換 ② ~ 購入品の確認 ~

今回は、↓の続きです。

fire-star.hatenablog.com

 

ハンドルバー、グリップ及び、交換に必要なものを注文し、ワクワクしながら到着を待ちます。

 

ハンドルバー、すぐに届きました。

それにしても、大き目の段ボールに無造作に入っています。

固定など全くされていません。

f:id:Fire-star:20210829165106j:plain

こういうところが許せない方にはオススメできません。

私はまぁ、AliExpressに慣れているので(笑)

 

開封

f:id:Fire-star:20210829165236j:plain

イイじゃないですか!

なんか、超軽い気がします。

 

早速計量

f:id:Fire-star:20210829165333j:plain

おぉ、110g!これは軽量化に期待が持てます。

 

次に届いたのはフィニッシュラインファイバーグリップトルクレンチ

トルクレンチは、なかなか良さそうです。

f:id:Fire-star:20210829170708j:plain

 

最後に届いたグリップですが、中国から直送という事で、AliExpressで購入した時のような入れ物に入って届きました。

f:id:Fire-star:20210829170847j:plain

ちゃんと確認しなかった私の落ち度ですが、結構待たされましたので、これならAliExpressで購入すれば良かったです。

 

そして、手に取った瞬間に思った事ですが、なんか、ずっしり重い!

これは、、と、重さを測ってみたところ、↓

f:id:Fire-star:20210829171245j:plain

286gもあります。

作りがしっかりしていると言えなくもないですが、ハンドルバー110gに対してグリップ286g、、んー、正しい選択だったのか、自信が持てなくなり、あらためて類似品含め、重量をチェックしてみました。

 

↓こちらの商品は280g表記。


GORIX ゴリックス GX-849AD3-L1-G2 自転車エルゴグリップ+バーエンド(オレンジ)

 

↓こちらは130gとの事。


TRELC 自転車 ハンドルグリップ φ22.2mm 人間工学設計 握り心地良い マウンテンバイクハンドル (ブラック)

 

表記が正しいか、保証はできませんが、真面目に軽量化を考えている方は、ご留意ください。

 

 さて、準備は万端です。

材料が揃いましたので、交換作業に入ります。

次回はついに交換作業です。

 

fire-star.hatenablog.com

ハンドルバーとグリップの交換 ① ~ 経緯と購入品について ~

さて、前の日記で触れた、ハンドルバーとグリップを交換した話です。

今回は、交換に至った経緯と購入した品物について記載します。 

 

今まで、それなりの距離を走っておりましたが、NESTO LIMIT 2購入時に付属していたグリップは、単純な筒状のものでして、どうしても長距離を走ると疲れました。

f:id:Fire-star:20210829131141j:plain

体重もかけ辛いですし、握る部分も限定されるためです。

 

ロードバイクに乗っていた時期もある私にとって、カジュアルに乗れるクロスバイクは素晴らしい乗り物なのですが、やはり価格が安い分、細かいところは気になります。

 

ちなみに、以前所有していたミニベロは、高速走行を考えて作られた10万円以上するものだった事もあり、最初からこだわりのグリップが付属しておりました。

5万円クロスバイクの付属品と比較してはいけないのですけども。

 

クロスバイク長距離走行していてグリップでまず気になったのが、握る場所です。

当たり前ですが、筒状のハンドルをまっすぐ握る以外に方法がないのです。

気付くとドロップハンドルのようにハンドルの端を縦に掴んでいたりして、「こりゃイカン」となりました。

そこで色々調べ始めたわけですが、「カジュアルに乗る」という元々の考えを加味した結果、選んだのは↓コチラの商品です。


Smilerain 自転車グリップ マウンテンバイクグリップ クロスバイク グリップ 自転車 はんどる グリップ 牛角ハンドルグリップ 汎用 自転車 マウンテンバイク グリップ ハンドルグリップ 取付工具付き

 

ブルホーンハンドルだと、ちょっとカジュアルという感じではないかなというのが大きな理由です。

テーピングではなく、ハンドルグリップのほうがカジュアルな気がしまして。

そして、このタイプの牛角型のグリップですが、他のものにはあまり食指が動きませんでした。

結局、ほぼ1択という感じ。

 

しかしここで、大きな問題にぶち当たります。

ハンドルグリップを調べている時に目にした言葉。

 

クロスバイクのハンドルは、合う長さに切って使うもの」

「長いまま使っていると疲れる」

「パイプカッターで切れ」

「普通は50cmぐらいがちょうど良い」

 

え?そうなん?

肯定的な意見は数あれど、それに対して否定する言葉は出てきません。

私の乗っているNESTO LIMIT 2のスペックを見てみると、「アルミフラットバー 560mmφ 31.8」とあります。

つまり、ちょうど良い長さよりも6cmも長いのね。

そういう書き込みを見ると、もう止まりません。

パイプカッターなどを調べ始めます。

 

最終決断としては、「中華カーボンのハンドルバーを購入」でした。

理由は単純ですね。

パイプカッターを購入しても、そんなに使い道がないので、「最初から短いハンドルバーを買えば良いじゃん。」「買うなら軽量な奴でしょ」というだけの話。

Amazonの評価を見ながら、選んだハンドルバーが↓こちら。


PLATT ハンドルバー フルカーボンファイ3K/UD つや消し/光沢 超軽量 バイクライザー/フラットハンドルバー 31.8 * 480/500/520/540/560/580/600/620/640/660/680/700/720mm

 

お値段と長さと色が決め手です。

 

そして、↓これらも同時に購入。


フィニッシュライン(FINISH LINE)ファイバーグリップ 50g TOS07800【グリース】

BIKE HAND(バイクハンド) コンパクトトルクレンチ+BITS付き(シンプルな目盛読みタイプ)測定範囲1Nm~10Nm YC-637+BITS

 

「カーボンは滑るから、ファイバーグリップは必須」

「ちゃんとトルクレンチで締めないとパキっといくで」

 

というネット情報により、購入に至りました。

f:id:Fire-star:20210829141402j:plain

 

詳細は次回お話ししますが、更に、パーツクリーナーも購入。


 

 

なお、最初に述べたグリップですが、中国から直送とのことで、超待たされました。

2週間程度でしたが、早く交換したかった私にとって、この2週間は長かった。。

お急ぎの方は、国内から発送されるルートで購入されることをお勧めします。

 

次回↓は購入品の開封確認について書きます。

fire-star.hatenablog.com

 

鶴見川を走ってみる③ ~ ちょっと短め ~

久々に雨天ではない週末でしたが、家を出たのは12時過ぎになりました。

という事で、本日は少し短めの距離を走ることにしました。

 

特に何Km走ると決めていたわけではありませんが、先日交換したペダルの走り心地を確認するのが目的です。

というのも、これが恐らく純正ハンドルで走る最後の長距離なのではないかと思うので、純粋なペダルの恩恵を確認しておきたかったわけです。

# ハンドルバーを変えた後だと、どっちの性能で乗り心地が変わったのかわからなくなりますからね。

 

順調に走りながら、思いました。

「んー、道や自転車に慣れたからなのかも・・・」

心の余裕なのか交換したペダルの性能なのかわかりませんが、前回よりもスピードが出ます。

途中で自然を楽しむ余裕まで。

f:id:Fire-star:20210821192817j:plain

 

結局、河口から20Km以上進み

ました。

そろそろ帰ろうと河口からの距離標識を探しましたが、なかなか見つかりませんでしたので、今回は橋に記載されている距離を撮影。

f:id:Fire-star:20210821193040j:plain

谷本橋、河口から23.6Km。

本日はここまでとし、帰途につきました。

 

本日の走行距離は47.2Km、平均速度が自足18.8Kmというのは初めてな気がしますが、ペダルのおかげかというと自信はありません。

f:id:Fire-star:20210821215211p:plain

 

 

さて、ハンドルバーの話。

元々はグリップを交換したいと思ったのがきっかけなのですが、ハンドルバーまで交換しようとしています。

ハンドルバーは既に手元にありますが、肝心のグリップがまだ届きません。

一応来週中には届くはずなので、来週末はハンドルバー&グリップの交換ができるのではないかと思っております。

雨とモデルナ

せっかくのお盆休みだというのに、天候に恵まれませんでしたね。

先週の土曜日から9連休を取得したのですが、非常に残念な結果になってしまいました。

 

初日、午前中だけは雨が降らなそうでしたので、ちょっと近場に自転車で買い物に行きました。

しかし、10:30には降り始め、慌てて帰宅したものの、びしょ濡れでした。

ダラダラと自宅で過ごす羽目に。

 

日曜日は晴れたので、自転車のチェーンメンテナンスを行いました。

しかし、風速12mの中でのチェーンメンテナンスはダメですね。。

メンテナンススタンドが倒れるわ、チェーン洗浄器内部のスポンジが飛んで行って行方不明になるわ、チェーンオイルの内蓋も同様に飛んで行って行方不明になるわで、だいぶ後悔。。空気を入れるのも一苦労でした。

 チェーン洗浄器は再購入することになってしまいました・・・。↓こちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AZ(エーゼット) 自転車用チェーン洗浄器 DX
価格:2064円(税込、送料無料) (2021/8/15時点)

 

 

その後も雨続き・・・。

 

水曜日にはモデルナのワクチン接種の2回目でした。

副反応は思ったよりは出ませんでしたが、それでも腕の痛みと微熱、そしてなぜか声のかすれ。

安静にしておりました。

 

雨は一向に止む気配はありません・・・。

もう盆休みが終わる・・・。

哀愁漂う盆休みとなりました・・・。

 

おわり。

 

 

 

おまけ

実は、クロスバイク用のフラットバーハンドルを購入しました。

まだ幾つか注文品が届いていないので、揃ったら作業開始します。

その模様は勿論こちらのブログにアップ予定です。